住宅などに生息するコウモリ撃退法

subpage-img

住宅の屋根裏や建設物の隙間などに生息し夕方になると日本各地の都市部の空を飛んでいるのを見かける、コウモリはアブラコウモリという種類のものです。
人間が作った住宅などに巣を作るため家コウモリとも呼ばれます。基本的に都市部の住宅や建設物を生息地としているため、山間部にはあまり存在しません。


日本列島以外では東シベリアや台湾、ベトナムにも生息しています。基本的に冬は冬眠し、日本では11月頃からが冬眠期です。
一方環境の変化により冬眠しせず、冬でも活動するものも存在します。
蚊や稲に被害をもたらすウンカなどの小型昆虫を主食とするため人間にとって都合の良い存在ですが、様々な弊害もあります。


アブラコウモリが住宅の屋根裏などに形成する巣は、多い場合には200頭を超えます。

大量の糞尿によって悪臭が発生する他、ゴキブリやダニなど害虫が発生する温床となります。



また多数のコウモリが活動すれば騒音被害も無視できません。住宅の屋根裏など侵入された場合には、駆除が必要です。
効果的なコウモリ撃退法とはまず追い出しです。アブラコウモリは鳥獣保護法によって保護されています。

エキサイトニュースの最新情報を掲載しています。

そのため基本的にコウモリ撃退法として捕獲や命を奪うようなことができません。


捕獲する場合には環境大臣や都道府県知事の許可が必要になります。



プロの駆除業者も許可をとっていますが、基本的なコウモリ撃退法は追い出しです。

その後清掃と消毒をし、忌避剤を散布してから侵入経路を完全に封鎖します。

top