効果的なコウモリ撃退法

subpage-img

効果的なコウモリ撃退法とは、コウモリを追い出して再び侵入されないように徹底的な措置をとることです。

市街地の家屋の屋根裏や建物の隙間などに生息しているコウモリは、アブラコウモリと呼ばれる種類のものです。
アブラコウモリは日本列島の他にも台湾やベトナムなどにも生息しています。

基本的にアブラコウモリは益獣といえます。

なぜなら人間に被害をもたらす蚊やウンカなどを食べてくれるからです。



ウンカは稲を食い荒らす害虫として知られています。

このサイトでNAVERまとめの最新情報を紹介しています。

害虫を主食とするアブラコウモリは人間にとって利益をもたらす存在です。


その一方で糞尿による悪臭やダニなどの発生、騒音被害をもたらすという負の側面もあります。
アブラコウモリは民家が多く存在する市街地を主な生息地としており、山間部などにはあまり存在しません。



もし家屋の屋根裏などに侵入された場合には駆除をすることになりますが、捕獲や命を奪うようなことは鳥獣保護法により禁止されています。


そのため追い出しが基本的なコウモリ撃退法になります。

またコウモリを追い出すだけではなく、糞尿の清掃も重要です。
そのまま放置しておけばダニなどの害虫発生の温床となります。


またアブラコウモリは病原菌を保持していることもあります。
清掃の後は消毒とコウモリの忌避剤の散布を行い、さらに侵入路を塞がなければなりません。

鳥獣保護法によれば、アブラコウモリの捕獲には環境大臣や都道府県知事の許可が必要になります。

専門的な駆除業者に駆除を依頼するのが最も効果的なコウモリ撃退法です。


top